パソコンの中でも特に気をつけて扱うべきhddについて

予防する

データ復旧と予防に関して

現在技術は進歩し続けているのではあるが、ハードディスクのデータ消失によるケースをなくす事はできない。 個人所有のパソコンのハードディスクが壊れた場合は使用者の負担になるだけであるが、サーバのハードディスクからのデータ復旧、という事態になってしまうと復旧に使った時間分業務に支障が出る上、銀行などの貯金のデータだったりすると、多大なる損害および信用の失墜につながり、企業の倒産の恐れがある。よって、いかにデータ復旧という事態に陥らないか、また、いかに迅速に復旧するか、ということが重要である。 予防策として、サーバを社外ネットワークに接続しない(ウィルス感染およびスパイウェア混入の可能性を防ぐ為)、書き込みデータの整合性を取る(2重書き込みなどによってデータにバグが生じるのを防ぐ為)、安全な場所においておき、熱および衝撃を避ける(物理的に使えなくなるのを防ぐ為)などが考えられる。 復旧する場合にしても、別のサーバを用いてハードディスクのバックアップをしておく。いざ破損した場合、そこにあるデータを持ってくることで復旧は容易である。

業者に依頼するケース

現在、OA機器、特にサーバを導入している企業が多い。 これは、業務を遂行するのにサーバが必要になるケースが年々増えてきており、 その分、サーバに関するトラブル発生件数も比例して増えてきている。その為、データ復旧を業者へ委託するケースが増えている。 細かな1データ単位程度のデータを消してしまった、という場合に関してはバイナリデータから復旧するなど、個人での対応が容易である。しかしサーバのハードディスクのデータがウィルスに感染してしまった、あるいはサーバ自体を動作させるデータが破損して機能しなくなったというケースである。この場合、個人の手ではデータ復旧が無理なため、専門の業者に依頼して復旧してもらうことが殆どである。