パソコンの中でも特に気をつけて扱うべきhddについて

活用できる

クラウドサービスの広まりとストレージの活用

インターネットの普及が驚かれたのも束の間であり、現代社会はインターネットに常時接続されたパソコンによって司られているような状況が生まれてきています。そのため、それを基盤としたシステムが次々に開発されてきています。 その近年のトレンドとして広いシェアをもつようになってきているのがクラウドサービスです。クラウドの提供業者がサーバーに準備しているメールシステムやストレージ等、様々なサービスを会員登録するだけで利用できることからその広い利用が進められています。特にストレージサービスはバックアップとしての利用法が注目されています。外付けハードディスクや光学ディスク等を用いずともバックアップができる方法として今後定着していくでしょう。

メインのバックアップとする場合の注意

クラウドシステム上にバックアップをとるというのは、外部ディスクを利用する必要がないため便利な方法です。クラウドのサーバー上に無料で提供してもらえるストレージも段々と大きくなっていることから、バックアップに用いるにも十分な要領が得られるようになってきています。 しかし、これをメインのバックアップとして利用する際には注意が必要です。ストレージにアクセスするためにはインターネットに接続できることが必要条件となるため、それが破綻してしまった場合にはバックアップ先からデータを復旧することができないのです。インターネット接続に必要なデータのバックアップは別個に準備する等の対策を立てておくことが大切になります。