パソコンの中でも特に気をつけて扱うべきhddについて

依頼する

2パターンのサービス依頼

パソコンの様々な故障によって生じたデータトラブルを、最短当日で行ってくれるサービスが存在します。このサービスを依頼する方法には2つのパターンがあり、いずれも問い合わせや受付センターで電話診断を行うことが第一ステップとなります。その後、データ復旧が適応されると判断された場合に、「会社へ直接持ち込む」「本体を配送する」ものとなるのです。 持ち込む場合には、初期診断や診断結果及び見積もりが短時間で完了するため、その場でデータ復旧するかどうか判断できるものとなります。一方、配送する場合には、それなりの見積もり完了期間が必要になってしまいますが、仮にデータ復旧依頼をしない場合には、配送費用を除き手数料無料となります。

様々なデータを復旧させるサービス

一般的なデータ利用目的におけるデータ消失の原因は、「ハードディスク」が主流です。しかし、OSの不具合やハード面における故障によってもデータの消失を伴う事があります。この様に、全般的な原因によるデータ消失の復旧を行ってくれるサービスとなります。 また、大量なデータを取り扱うユーザーや会社関係において、サーバーによるデータトラブルも悩みの種です。サーバーには、バックアップ体制として様々なRAIDが用いられていますが、これら「RAIDを含めたサーバー」のデータ復旧も可能としています。RAIDでは、データ蓄積の構造が異なる為、専門家や知識の豊富な方にしか行う事は出来ません。会社に専属のスタッフが存在しない場合には非常に利用価値の高いサービスとなります。