パソコンの中でも特に気をつけて扱うべきhddについて

導入する

名刺管理システムの導入に関して

私が勤める会社では、約1年前に名刺管理システムを導入しました。元々は、営業部門、開発部門等社員1人1人が、個人レベルで管理している名刺を情報共有し、売上向上、業務の効率化を実現する目的で導入されました。システムでは、名刺情報を入力する必要はなく、専用端末でスキャンするだけで、名刺情報はデータベースにアップされます。また、名刺管理システムに登録された名刺情報は、PC、スマートフォン、タブレットといった様々なデバイスに対応され、外出先でも取引先担当者情報、地図情報等が閲覧可能になりました。名刺管理システムの導入効果は、売上アップ率は前年度より12%、コスト削減等業務効率化は前年度より18%それぞれアップしました。

名刺情報の個人での利用に関して

スマートフォン、タブレットの普及に伴い、個人レベルで名刺を管理できる環境が整っている。Android、iOS用の名刺管理アプリが多数ある。ある名刺管理アプリでは、名刺をカメラで撮影したら、名前、電話番号、メールアドレスといった情報を登録でき、更にクラウド上にも登録可能で、スマートフォン、PC等から閲覧可能となる。また、名刺情報なので、個人情報を管理することになる。個人情報の管理を強化するということで、名刺管理アプリの中には、パスワードで管理する等のセキュリティ機能を搭載した名刺管理アプリもある。今後も、更に名刺管理アプリとソーシャルネットワーキングサービスと連携したアプリ等も増え、利用者もどんどん増加していくと思われる。