パソコンの中でも特に気をつけて扱うべきhddについて

依頼する

ハードディスクのデータ復旧をするときにはどんな方法があるのか事前に把握しておくと良いのです。大きく分けると復旧の方法は2つあるので、それぞれ違いと特徴をこのページで紹介しています。

Read More

利用することで

ハードディスク復旧が必要になった場合には、専門の業者を利用することによって復元できる場合があります。そのときにはどのような方法で復元するのか、またその流れについて紹介します。

Read More

予防する

ハードディスクが故障してしまった場合には中に入っているデータ復旧する必要があります。その方法はプロの業者に依頼することが当たり前ですが、自分で確認すべき部分はたくさんあるので、覚えておきましょう。

Read More

活用できる

クラウドサービスを活用できるようになると、パソコンをより便利に利用できるようになります。また、バックアップに適しているクラウドサービスもたくさんあるので、ハードディスクが心配な方はチェックしてみましょう。

Read More

導入する

社長クラスになると名刺を管理することがとても大変になります。また、営業であっても同じように多くの人と関わるので、名刺の管理が面倒になります。そこで、名刺管理ソフトなどを活用してみましょう。

Read More

複数のhddを利用

ソリューションサービスのことならおまかせください。ハードディスクのデータ復旧でお困りの方はこちらから!

raidの種類と特徴について知る

raidは、複数台のHDDなどの記憶装置を組み合わせることで、アクセスする速度を速めたり、1台のHDDなどが故障したとしてもデータ復旧を容易にするために利用されます。raidには、0、1、5、6など何種類かあります。raid0は、アクセス速度を速くするため、複数のHDDなど記憶装置に分散記録するような構成になっています。そのため、HDDなどの故障には弱く、普通は、他のraidと組み合わせて利用します。raid1は、複数のHDDなどを使って、同じデータを同時に記憶するような構成にしています。これは、1台のHDDなどが故障しても、それを取り替えるだけでraid復旧ができ、データ復旧の必要がなくなるような仕組みになっています。raid0とraid1は、最低2台のHDDなどで構成できますが、その他のraidは、最低3、4台のHDDなどが必要になります。

raidでデータ復旧が必要になる場合はあるのか

raid0だけて運用している時には、一般に、どれか1台が故障しただけでデータ復旧の必要があります。この場合には、raid復旧のために故障したものを取り替える以外にデータ復旧を専門業者に依頼したりします。しかし、HDDなどの価格は、データ復旧費用に比べると安いですから、少しコスト高になりますが、他のraidを使うのが賢明です。raid1を使う時の注意点は、HDDなどの故障をすばやく検知することです。故障に気が付かないで運用していますと、raidを使う意味がなくなります。raid5は最低3台のHDDなどが必要で、その内1台が故障しても、それを取り替えるだけでraid復旧できます。raid6は最低4台必要ですが、そのうち2台故障してもraid復旧できます。

人気のパソコンでも安く購入することができます。ノートパソコン激安販売しているのがこちらです。限定キャンペーンが多いのも魅力的ですよ。

自力ではwindowsが起動しないとお悩みならこちらのサイトをご覧ください。分かりやすく説明してくれている対策ガイドが載っています。